決算期前での売買

決算期前での売買

私はまだ株取引がよくわからない時期の話でありますが、株取引をしているときに決算気が近づいている銘柄をいじっていた経験があります。

 

初めてやった時には、決算期にいい決算が出るような銘柄であれば、いいお金が期待できるのではないだろうかと個人的に思ったものですから、
ちょっと買ってみればいい値段で売買できるんじゃなかろうかと思って安易な気持ちで買ってみたものであります。

 

そうすると、初めて買ったものがかなりサプライズな決算であったものですから、ストップ高を連発で出したのでかなりいい値段で売買ができました。
それにい味を占めてしまって、よりいい決算が出るんじゃないだろうかというような銘柄を少しずつ探していき、それらしい決算が出そうな銘柄を
片っ端から買っていきました。

 

ですが、そんなものが簡単に続くわけがなく、その後は好決算が出た銘柄であっても織り込み済みという理由でがっつり下げたり、
逆サプライズといわんばかりの決算が悪くなるというものが出てきたりしてマイナスに転じるといったようなものがぼんぼん出るようになってしまいましたので、
仕方なく売りを繰り返すといった感じになってしまいました。

 

後で、知った話では決算前は基本的に売りだということらしく、私が一番最初にあてた銘柄は運が良かっただけなようで
(しかも私が売った後もものすごい伸びを記録するというおまけ付き)

 

ああ、いい思い出でありました。今後は気を付けたいものだと何度もお思いました。