不動産を安く手に入れる競売

不動産を安く手に入れる競売

不動産投資についてとても安く手に入れやすい方法といえば、不動産の競売であります。
不動産の競売とは、裁判所が差し押さえた不動産について一般の人々に落札してもらうというものであります。

 

この方法であると何がいいのかというと、基本的に通常の土地購入をすることよりもかなり安く土地が入手うできるということであります。
大体通常よりも1割から2割ほど値段が安くなるので、大変お買得になるのであります。

 

安くなる理由としては、ふたつあり、その一つが保証問題です。
競売で売買された物件につきましては、一般の不動産取引で存在するはずの物件に対する保証が一切ないものですから、
基本的に

 

二つ目は購入希望者に十分な情報が提供されないという部分にあります。
競売情報というのHは新聞や法務局に土地の場所と情報は乗るのではありますが、それ以上にどんな情報があるのかというのは
なかなか分かりにくくなっております。
購入を検討している物件があったとしても、通常の不動産物件のと同様の建物内の見学することもできません。(基本的に立ち入り禁止になっているため)
また、住宅ローンの問題や権利の問題など発生している物件が多いことから、リスクが高い物件ではあるのです。

 

ですが、そのような面があったとしても、安く手に入ることは間違いないことであり、基本的に物件自体にそこまで問題がないのであれば
十分にいい買い物ができるのも競売物件であるので、 いいものがあれば検討してみるのもいいと思います。