アメリカ合衆国のヤフー

アメリカ合衆国のヤフー 

決算は、減収減益でした。
阿里巴巴(アリババ)の株を分離します。

 

『日経平均株価』
5日線が、下値をサポートしています。
引き続いて、トリプル・トップ型の天井形成が意識されるチャート形状です。

 

『FXの世界』
トリプル・トップ(三尊天井)が売りサイン、トリプル・ボトム(逆三尊)が買いサインだと言われています。

 

『HOYA』
眼鏡レンズと半導体用のマスク基板に強みを持っている企業です。
昨日、8年ぶりの高値を記録しました。
4月期から12月期の大幅な増益を好感した形です。
8年前と言えば、リーマン・ショックが起こる以前ですね。

 

『ブラック・ロックのラリー・フィンク最高経営責任者』
スイスがリセッションするという結果に、大きなポジションを組んでいます。
ブラック・ロックといえば、世界有数の資産運用会社であるため
及ぼす影響が大きいです。

 

日本の優良株も、大量に保有しています。(アステラス製薬・TDKなど)

 

『アベノミクスの話題』
ほとんど、海外投資家の間から出なくなっています。
第3の矢が放たれないことに対する失望でしょうか?

 

去年の海外投資家は
ちょっとだけしか、日本株を買い越していなかったですし。

 

アベノミクスに関しては
そもそも論、何もしていないという説自体がありますけど・・・

 

『シンガポール・ドル』
2010年8月以来の安値を記録しました。
シンガポールの中央銀行が金融政策を変更した影響です。

 

『投信法改正の後押しで』
金融業界の再編が進むと言われています。
規模の大きさとしては、メガバンクが再編されたとき以来でしょうか?