シカゴの日経平均先物

シカゴの日経平均先物

大証と比較して、マイナス170円の17500円です。
大証の夜間取引は、午前3時まで行われています。

 

『白金』
1か月ぶりの安値を記録しています。
現代日本の日常語においては、プラチナと呼ばれることが多いです。

 

『吉野家・ドトールの株主優待』
2月に、権利が確定します。(吉野家は、8月も)
吉野家は、かなりの人気銘柄であるため
権利取りを狙った実弾の買い・空売りの買い戻しが入ると予想されます。

 

ドトールの株主優待は、2500円相当の商品なんですが
出来れば、ドトールコーヒーで使える割引券にしてほしいです。(昔のスターバックスみたいに)

 

『最近の日経平均株価』
16500円から18000円のレンジ内で、動いています。
値動きだけを見ていると、上へ突き抜ける可能性が高そうです。

 

『2月6日』
アメリカ合衆国の雇用統計が発表されます。
4日には、ADPの雇用統計が発表されます。

 

失業率は5.6%で横ばい、非農業部門雇用者数は前月比235000人の増加が予想されています。

 

『アメリカ企業の決算発表』
最も注目を集めている会社は、石油最大手のエクソン・モービルです。(発表は2日)
どれほど、原油安の影響を受けているんでしょうか?
大きな額の評価損を計上しそうな気がします。

 

『日米の株価』
日経平均株価がニューヨーク・ダウを500以上、リードしています。

 

『黒田日銀総裁』
世界で最も孤独な男の1人だと言われています。

 

『海外の投資家』
今年の日本市場においては
今のところ、鳴りを潜めています。(不気味なぐらいに)
彼らが買ってこない限り、本格的な上昇にはならないです。