ドル円の取引で儲けました!

ドル円の取引で儲けました!

ドル円が2013年の末から2014年の末まで一気に80円から120円まで円安になりました。私の場合は過去のドル円のチャートや貿易で円高になりすぎるのも日本とアメリカ双方にメリットがないため、必ず80円近辺でドル円のロング(買い)をしておけば数年後には110円くらいまでは行くと思って2013年の秋にドル円のロングをしました。民主党の野田政権が終わって、政権交代が起こり自民党の安倍政権になりアベノミクスで円安政策を行ったこともあり、一気に1年ほどで予想の110円まで行きました。安倍政権と黒田日銀総裁のおかげでとても儲けさせていただきましたが、このドル円のレンジ戦法は今後も使えると思っています。

 

今後はドル円が130円近くになったらショート(売り)をして、80円台になったら利益確定を狙っていこうと思っています。また80円台になったらロングをして110円台で利益確定をするの繰り返しで、今後も利益を狙おうと思います。デイトレードやスイングトレードに比べると気長に待たないといけないですが、ロスカットなどの影響を受けることなく、一喜一憂することもないのでストレスのかからないトレードが出来ています。昔はデイトレードやスキャルピングなどのトレードをしていましたが、チャートに長時間張り付いたり予想が当たらずに下がってきたりすると、とてもストレスを感じていました。

 

気長にトレードしたい方や、安全にトレードしたい方にはお勧めの方法だと思います。